ツライ毎日から抜け出すための無料電子書籍(E-BOOK)をプレゼント中です!詳しくはココをタップ

   

親の呪縛から逃れたい!親の呪縛から解放される方法。

 
親からの呪縛

この記事を書いている人 - WRITER -


『メンタル心理カウンセラー』。自分の事、子育て、恋愛、親子関係、人間関係、人生観、色んな相談にのっている。フレンドリーなインドア人間。小学生の子供が2人いるシングルマザーでもある。特に、“共依存”について詳しい。
⇒詳しいプロフィールはこちら
⇒カウンセリング詳細はこちら

Turkey(ターキー)

 

どーも!TURKEY(ターキー)です。今回は、

 

親からの呪縛から逃れたい!解放されたい!

 

と言う方の為にその方法をお話ししていきたいと思います。

 

こんな人におススメ!
・親からの呪縛を感じる
・やる気が出ない
・常に不安
・自分を責めてしまう
・顔を見るとダメだしされる

 

こんな方はいませんか?

 

前回の記事で、実家ストレスを感じている人の危険性はお話ししました。

 

 

でも、実は実家から出るだけではまだ親からの呪縛から逃れられたとは言えません。

 

ここで、親との心の切り離し作業をして欲しいんです。

 

切り離し作業が上手くいくと、感じた事の無い楽な状態になれます。叫びたくなりますよ。

 

では詳しくお話ししていきますね!



親と離れて住めたら・・

マンション

 

一人暮らしを始めると、開放感はあると思います。ですが、まだ不安な気持ちが残ります。

 

不安な気持ちが残っている場合、まだ親の呪縛から解放されていません。

 

親と離れて暮らしただけでは、精神的にまだリラックス出来ていない状態なんです。

 

ココからさらに、親からの呪縛を解き放っていきます。

 

方法はこれです。

 

親からの呪縛がダメな理由

親子

 

親に言われるがままに生活してきたので、親の考え方を植え付けられている状態です。

 

その植付けが、自分にとってプラスになるものならいいんですが、マイナスな事ばかり言われていた場合、つまり

 

否定的な言動けなされたりしていると、間違った考え方を植え付けられていて、

 

自分自身で自分の価値がめちゃめちゃ下がってしまっています。

 

親が、自分を心配して言ってくれている言葉かもしれませんが、ハッキリ言うと自分にとって何のメリットもありません。

 

思い出してみて下さい。例えばこんな言葉です。

 

母:フサエ

そんな夢みたいな事ばっかり言って、食べていけるわけ無いじゃないの!

しっかり働きなさい!

とか

母:フサエ

あんたには絶対無理!

結局失敗して、無駄なお金使って戻ってくるだけなんだから!

 

とかです。これ実際に私が言われていた言葉です。

 

ハッキリいいます。この言葉、子供の為を思って言っている部分もあると思います。でもね、

 

こんな言葉鵜呑みにしてるから人生が上手くいきません。

 

客観的に見ると、上手く聞き流せばいいやって思えると思います。

 

ですが、親の影響力はすさまじいんです。

 

親が無理だと言うと、どこかで『無理なんじゃないか』と言う考えが過ります。

 

しかも、小さいときからこうゆう事を言われ続けて育ったら、自信なんてみじんも育ちません。

 

ですから、この間違った呪縛を破壊します。

 

気持ちを出す

海

 

間違った植付けを破壊するために、する事は『自分の気持ちを引き出す』と言う事です。

 

今まで自分の気持ちに出来るだけ蓋をして、親の考え方に合わせてきました。

 

自分を押し殺して、親が思う理想に必死に近づけてきました。

 

しかし、この状態の時は、自分が出せません。自分を必死に否定して自分では無い物に近づく努力をしている状態です。

 

自分の気持ちに蓋をして生き続けると、

 

 icon-caret-right 自分が無い

  死んでないだけ

  楽しくない

 

こんな感覚になります。

 

ワーワー言われる人から遠のいた段階(一人暮らし)をしただけでは、自分の気持ちに蓋をする癖がまだ外れていません。

 

なので、自分の気持ちを出せる様になって親の呪縛を打破します。

 

親への思いを書く

手紙

 

純粋な気持ちを心がけて書きます。

 

これは、母親本人に渡す手紙ではありません。

 

自分の気持ちを書きなぐって、自分で読みます。その為の手紙です。

 

感情のまま書きます。本当の気持ちが書けるまで何度も書きます。

 

この時に注意して欲しいのは、

 

※大人なのに人のせいにしてカッコ悪いとか、親の事を悪く言うなんてみっともないという罪悪感は一切持たないと言う事です。

 

例えば

『なんでこんなにひどい事いうの?』

『最低な親だよな!クソ親め!』

『どれだけ傷ついたと思ってんだ!』

 

みたいな事を書きましょう。言葉が悪くても大丈夫です。自分しか見ません。

 

間違っても親には見せないようにしてください。とても面倒な事になります。

 

自発的に怒る

怒る

 

説明しにくいんですが、とにかく無理矢理怒って下さい。

 

イメージはスーパーサイヤ人です。

 

どう説明しようかいつも悩むんですが、どう考えてもスーパーサイヤ人がしっくり来ます。

 

頭の中で、怒れ!怒れ!と連呼してもいいと思います。

 

とにかく髪の毛が逆立ちそうになる感じで無理矢理怒りを引きだます。

 

それと同時に自分が親に対して感じていた気持ちを叫びます。

 

例えば、

『私はあんな事言われて嫌だった!』

『嫌だったァァァァ!!!』

うわあああああああ!!!

 

みたいな感じです。

 

これは、静かに頭の中で実行しても効果があります。

 

これを本気でやって下さい。本気でしないと純粋な気持ちが飛び出しません。

 

この行為をする事によって、親が自分にどうゆう態度だったのかどうゆう事を言われていたか客観的に見れます。

 

客観的に見れると、親が自分に酷い事を言っているのを目の当たりにするので、ショックを受けやすいです。

 

私はこの時にパニック障害になりました。ですが、自分の気持ちを知れた瞬間でもありました。

 

今まで知らなかった自分の本当の気持ちを知る事が出来たんです。

 

常識を見直す

めがね

 

今まで親から植え付けられてきた考え方が、自分の常識になっています。

 

親のいう常識が、自分を苦しめているんです。

 

親への怒りや、自分の本当の気持ちが発見出来たら、次は親が植え付けた常識を解きます。

 

こうしなければいけないと思い込んでいた事は、親が言っていませんでしたか?

 

自分は何をやっても続かないと思っているとして、それって親からずっと言われてきませんでしたか?

 

その思い込みは間違いです。親が押し付けた親の考え方です。真実ではありません。

 

しかも、楽しくない事なんて誰も続きません。むしろ、一年でも一週間でも続けられたのなら、相当な根性があります。

 

一つ一つ自分が自分を責める要素に疑問を持ってください。

 

まとめ

 

今回は、親からの呪縛から逃れたい!と言う方の為にその方法をお話ししました。

 

実は今回してもらった事を簡単に言うと、『自発的に反抗期をする』という事だったんです。

 

子供の頃に反抗期を経て、自立していきますよね。

 

持論ですが、

 

『自立』とは、親との距離を引き離して、親も一人の人間と認め、自分もかけがえのない一人の人間であると認める事なんだと思うんです。

 

一人一人が違う考え方を持っていて、その一つずつの考え方が素晴らしい事なんだと気づく事だと思います。

 

そして、反抗が上手くいった時に上手く自立出来るんですが、

 

 icon-caret-right 親の圧力があまりにも強かったり

  相手にされていなかったりすると

 

上手く自立するチャンスを逃してしまいます。

 

そしてそうゆう人を多く見ます。実際私もこの一人でした。

 

なので、自立をするために精神的に反抗期をもう一度して巻き起こして貰って成功させてほしいんです。

 

本当は、一人でも立派に考えて生きていけるんです。それを親の呪縛がじゃましているだけなんです。

 

自立がきちんと出来ていないと感じる方は是非、この方法を試してみて下さいね。

 

心が軽くなりますよ!

 

では、最後までお読み頂きありがとうございました!

 

お知らせ

メンタル心理カウンセラーturkeyの

カウンセリング

カウンセリング広告5

 

辛い毎日の克服方法を綴った

E-BOOKを無料でプレゼントします!

E-BOOK表紙