2017/07/14

毒親を許さないとダメなの?毒親を許す人になるにはどうすればいいの?

 
親を許す

この記事を書いている人 - WRITER -


『メンタル心理カウンセラー』。自分の事、子育て、恋愛、親子関係、人間関係、人生観、色んな相談にのっている。フレンドリーなインドア人間。小学生の子供が2人いる。特に、“共依存”について詳しい。
⇒詳しいプロフィールはこちら

⇒カウンセリング詳細はこちら

Turkey(ターキー)

この記事を書いている人 - WRITER -

 

どーも!TURKEY(ターキー)です。

 

今回は、親を許すと言う事についてお話ししていこうと思います。

 

こんな人におススメ!
・毒親が許せない
・毒親を許したい

 

 

毒親・過干渉・共依存・ネグレクト・DV・・

 

色んな理由で親に対して許せない気持ちありますよね。

 

それに対して、『毒親を許す』と言う行為は、なかなか出来ないと思います。

 

毒親を許せない気持ちを、

 

 icon-caret-right どう処理していけばいいのか?

  そもそも許さないとダメなのか?

  許すってどうゆう意味?

 

というお話しをしていこうと思います。

 

どうすればいいのかなあと思っている方は読み進めてみて下さいね。



毒親は無理に許さなくていい

男性

 

『許せないのに許す』場合って、

 

無理やり気持ちを静めて『まあいいか・・思ってあげる事ですよね。

 

でもこれって、自分の気持ちを見ないようにして忘れようとしているので、しない方がいいんです。

 

『許せない』と自分が感じているのに、自分の気持ちは無かった事にして、真逆の気持ちを受け入れるのは

 

ストレスになってしまったり、自分が無くなってしまいます。

 

なので、無理して毒親を許そうとしなくていいんですよね。

 

では、自然に親を許せるようになる為にはどうすればいいのか?と言う事をお話ししていきます。

 

まず毒親から自立する

男性

 

親を許す為にはまず、毒親から心の自立をしなければなりません。

 

心の自立をするためには、離れて住むのもおススメです。

 

心の自立とは、毒親の言う常識や考え方を全てとは思わないで、

 

『親の考え方は沢山ある考え方の一つに過ぎないと分かる』

 

ということです。そうする事で、毒親からの洗脳を解きます。

 

毒親からの洗脳を解く方法のもう一つは

 

『親への怒りの気持ちを無理やり引き出す』

 

と言う方法があります。

 

自分の気持ちを閉じ込めて、毒親の言いなりになっていた部分を、怒りの感情で無理やり引っ張り出します。

 

そうする事で自分の感情がはっきりと分かって、自分を取り戻しやすいんです。

 

自分と親をはっきりと分ける=自立ができると、毒親を許しやすくなります。

 

毒親を許したい気持ち

男性

 

先ほどお話しした、『親への怒りの気持ちを無理やり引き出す』と言う事をすると、

 

自分の気持ちがはっきりと分かっていい。と言うお話をしました。

 

ですが、クライアントにもよく言われるのですが、

 

シンママ:優香さん
そんな事をしたら、親の事を嫌いになりませんか?
シンママ:優香さん
許せる日が来ますか?

 

 

と聞かれます。

 

ですが、毒親を許すかどうかは自分が決めていいんです。

 

その時嫌いであれば、嫌いなままでいいんです。

 

その前に一番しないといけない事は、親から自立する事です。

 

自立出来たうえで、親を許せるのか?許さないのか?と言う事を、自分がどうしたいかで決めるんですよね。

 

icon-caret-right 誰かに怒りを感じたままなのは良く無い。

 

 いい歳だから親を許さないと・・

 

と思うのであれば

 

これは、世間体を気にして自分の感情を無視した考え方です。

 

自分が許せないならばそれでいいんですよね。

 

『自然と毒親を許せる』ようになる

丘

 

『毒親を許す』

 

と言う言葉を聞いて『親を許さないと!』思うんでは無くて、

 

自分の考え方が毒親を許せる状態に持っていく事が大切です。

 

まずは、毒親から心の自立をしましたよね。

 

なぜ自立をしなければならなかったのかというと、

 

『親を親と見ないで、一人のちっぽけな人間だと理解してほしいから』なんです。

 

この状態になるのが毒親を許せる第一歩です。

 

毒親が自分に酷い事をしたのも、客観的に見る事が出来る様になって

 

『あの人(自分の毒親)もまた、親から酷い事をされたからそうゆう人間になってしまったんだな』

 

と言う事が分かり、『仕方なかった状況』が分かるようになります。

 

自分がダメな人間だから酷い事を言われていた、訳じゃなかった

 

という事実分かるようになるんです。

 

顔を見ない

街

 

それでもまだ毒親を許せない場合は、離れて住むのをお勧めします。

 

人間は上手く出来ていて、見なければ忘れるし、良い所だけ思い出したりもします。

 

一緒に居ると、嫌なところも我慢しながら付き合っていかなければいけませんが、離れて生活していると、

 

自分が気の向いた時に顔を見に行くと言う事が出来て、

 

見たくなければ見なくていいと言う事が出来ます。

 

それに加え、

 

  心の自立が出来た状態であって

 

  親も一人のちっぽけな人間に過ぎない事が分かっている

 

状態だと毒親を許せたりします。

 

こうゆう状態に気持ちを意識すると、親子関係がとてもいい状態になります。

 

そして、自分もラク

親もラク。

 

という感じになるんですよね。

 

まとめ

 

いかかでしたか?

 

今回は、毒親を許すと言うことについてお話ししました。

 

親に対してイライラするなあとか、いつまでたっても親が許せない自分が嫌だ感じている方は、

 

さっきお話ししたことを実践してみて下さい。

 

親も一人のちっぽけな人間に過ぎないんですよね。

 

間違っている事、ずれてる事、たくさんあります。でもそれは、その人(親)の個性なんですよね。

 

そして、自分にも個性があります。

 

親子だからって個性が一緒ではないので、合う合わないは親子でもあります。

 

なので、自分がしんどくない心の距離で、親子関係を続けていくのがとてもいい形だと思います。

 

必ずしも付き合いをしないとダメって事は無いと思いますよ。

 

その縛りがしんどくなる元です。

 

毒親を許してあげられるようになる為にも、

 

無理はせず気楽に考えられるように自分の気持ちを一番に考えてあげて下さいね。

 

それが、親御さんにとっても良い状態になりますよ。

 

では長くなりましたが、最後までお読み頂きありがとうございました!

 

 

 

お知らせ

メンタル心理カウンセラーturkeyの

カウンセリング

カウンセリング広告5

 

辛い毎日の克服方法を綴った

E-BOOKを無料でプレゼントします!

E-BOOK表紙

 

 

 
この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© メンタルカウンセラーTURKEY , 2017 All Rights Reserved.