【期間限定】カウンセリング無料体験!(2017年3月1日~2017年4月30日)詳しくはココをタップ

      2017/04/18

スーパーで『子供が走り回る問題』に対しての親の接し方としつけとは?カウンセラーがお答えします!

 
子供が走り回る

この記事を書いている人 - WRITER -


『メンタル心理カウンセラー』。自分の事、子育て、恋愛、親子関係、人間関係、人生観、色んな相談にのっている。フレンドリーなインドア人間。小学生の子供が2人いるシングルマザーでもある。特に、“共依存”について詳しい。
⇒詳しいプロフィールはこちら
⇒カウンセリング詳細はこちら

Turkey(ターキー)

 

どーも!Turkey(ターキー)です。今回は、

 

子供がどこ行っても走り回ってどうしていいか分からない!

 

と言う方に対してお話ししていきたいと思います。

 

こんな人におススメ!
・子供が走り回って言う事を聞かない
・自由にさせたいの。文句ある?
・走ったらきつくしつけしないと!
・子供だから仕方ないじゃない
・しつけがなってない親ってどうなの?

 

いろんな意見がありますよね。

 

私にも子供がいるので、『子供が走り回る問題』には直面してきました。

 

子供=走りまわる

 

ですよね・・

 

ただ、一生走り回るわけではありません。

 

小学生になってくると、言葉も理解出来る様になってくるし、小さい時期でも

 

 icon-caret-right 対策

  しつけの仕方

 

があると思うんです。

 

それを今回まとめてみたので、同じ様に子供が走り回るから困る!と言う方は読み進めてみて下さい。



『しつけ』と『自由』

水遊び

 

出来るだけ子供には自由にさせてあげたいですよね。

 

あまり怒らないようにしてあげたいです。

 

そして、走り回る』事自体は悪い事じゃないですよね。元気でいい事です。

 

では、何がダメなのか?それは

 

 icon-caret-right 場所

  環境

 

コレです。

 

公共の場で

外人

 

公共の場、(電車など)では、外国ならまだしもここは日本です。

 

そして、日本で住んでいる限り静かにするしか無いんですよね。

 

それは、みんな静かにしているから、その方が楽に生きていけるからです。

 

ギャーギャー騒いでいると冷たい目で見られたり、知らない人からも『静かにしなさい!』って怒られます。

 

うるさくしてたって別にいいと思うんです。好きなようにすれば。

 

皆うるさければ気にならないのにって思いますが・・

 

日本では皆、ルールを守って静かに乗っているから静かにしないとダメなんです。

 

ですので、日本で住むならば好きなようにしていては、確実に生きずらいです。

電車

 

子供に、『なんで静かにしないといけないの?』と聞かれたら、

 

『日本は、そうゆうルールの国だから静かにしようね。』と言ってあげて下さい(笑)

 

マンションに住む

マンション

 

マンションに住んでいてもそうです。

 

子供には自由にさせてあげたいですが、

 

下に響く建物に住んでいる限りは、静かに過ごすようにしつけするしかありません。

 

それが嫌ならば、ドンドンしてもいい建物に引っ越すしかありません。

 

同じ様に子供がいる親同士なら喧嘩にならないと思いますが、上がうるさければ勿論、下の階の人は気を悪くします。

 

なので、ドンドンしたらダメ!!って叱るしか無いです。

 

ご近所付き合い

おじいちゃん

 

心理的にも、ご近所づきあいは大切です。先ほどのマンションの様に

 

Q、上に住んでいる人がうるさい時に、どちらが許せると思いますか?

 

どんな人か分からない、謝罪の言葉もなければ、挨拶もしない人と

挿絵

 

近所づきあいが出来る人

挿絵2

 

やっぱり、少し印象は違いますよね。

 

うちも、子供が小さいときに住んでいたのが団地で、下にすごく響く環境だったので、

 

積極的に下の階の人に自分から謝りに行ったりお菓子を買って持って行ったりしていました。

 

顔を見るたびに、謝りまくってましたね。

 

子供たちにも『ドンドンしたら、下の人がビックリするからダメよ!!』ってしつけていました。

 

そしてそれは、下に響く所に住んでいる限り仕方のない事なんです。子供には我慢してもらうしかありません。

 

ですが、子供はそこでひねくれたり影響が出るわけではありません。

 

筋の通ったしつけなら、子供でも腑に落ちるんです。可哀想な事ではないんです。

 

なので、子供に『なんでドンドンしたらダメなの?』と言われたら、

 

『ココは縦に家が並んでいるから仕方ないんだよ。日本には土地が無いから我慢するしかないんだよ?』

 

と言ってあげて下さい。日本のせいにしといて下さい。

 

どうしても可哀想だと思うのであれば、1階に住むとか響かない床に加工するとか対策をとるしかありませんよね。

 

対策

おもちゃ

 

結局、静かに過ごさせるしかないじゃない!と思うかもしれませんが、

 

そうです。

 

では、

 

どうやって走り回る子供と生活をしていけばいいのか?

 

と言う問題を考えていきましょう。

 

子供は走り回ります。

そこは変えられない。

 

では、ここで大人はどうしてあげるのが一番いいのかといいますと、

 

場所と子供の相性を考える

 

と言う事です。簡単に言うと、

 

いい場所を提供する。

 

コレです。

 

Q、結婚式に招待された。

 

シンママ:優香さん
結婚式??もちろん!参加するよー!
シンママ:優香さん
あ・・でもこうたは結婚式で静かに出来るかな?
息子:こうた
シンママ:優香さん
あ、子供は少し考えさせて!また早めに連絡するね!

 

と言って、『自分の子供を連れて行ったらどうなるか?』を考えます。

 

シンママ:優香さん
結婚式は、6時間ぐらいかな・・

我慢できないかもしれないなあ・・

 

こうゆう場合は、

 

 icon-caret-right どこかに子供を預けるか、

  今回は参加しないで断るとか

 

そうゆう対策を取りましょう。

 

子供がじっとしていなくても、状況が変わりそうな時は・・

 

シンママ:優香さん
佐藤さんの子供もいるから、

上手く子供だけで遊んでくれるかも!

佐藤さんに聞いてみよ!

 

とか、同姓で同い年ぐらいの子供がいるなら、聞いてみてもいいかもしれません。

 

Q、スーパーに行く時

 

シンママ:優香さん
そろそろスーパー行かないと!

 

こんな時もスーパーで走り回りそうかどうか考えます。

 

シンママ:優香さん
連れて行くと面倒だし、学校に行ってる間に買い物済ませちゃお!

 

学校や、保育園に預けている間に買い物に行ってしまいましょう。

 

もし、預ける所が無いのであれば、一つは頼れる場所を探しましょう。

 

結局、どうゆう事かといいますと、

 

つれていかない。

 

コレです。

 

走り回ってどうしようもなくて、毎回大変なのであれば、自分が一人で自由でいられる時間にすませてしまいましょう。

 

電車に乗るのも大変そうであれば、車に乗れるようにするとか・・

 

これも一つの対策です。

 

私も上の子供が3歳の時に、下の子供が1歳でシングルマザーでした。

 

スーパーに行くのも一苦労で、カートが押せませんでした(笑)

 

子供の椅子に下の子をのせて、上のカゴに上の子、下のカゴに品物を入れて買い物していました。

カート

 

でも、こんな思いはしなくていいと思います。

 

無理に連れて行くからしんどいし、迷惑をかけたりするんですよね。

 

親もイライラして、子供に怒ってしまします。なので、つれていかない様にしたり違う方法をとります。

 

子供自身も、スーパーに行って怒られるより、どこかで楽しく遊んでいる方が楽しいんですよね。

 

まとめ

 

今回は、『子供が走り回る問題』についてお話ししました。

 

私の子供は今、小学校高学年になったので走り回る事は少なくなりましたが、小さいときは本当に色々大変でした。

 

しかも、子供は2人で、自分は1人で、どうすればいいかわかりませんでした。

 

イライラして怒ってしまう自分が嫌で、自分なりに選べる対策を探しました。

 

それが、どこかに預けたり断ったり保育園に行っている間に済ませたりする方法でした。

 

子供を育てるのは大変です。なので、誰かに助けてもらいましょう。

 

当時お世話になった保育園の先生には、本当に感謝しています。

 

そして、預ける事は可哀想な事ではありません。子供の為にもなります。

 

そこでしかない経験が出来たり、怒られるよりはずっとマシなんですよね。

 

なので、

 

 icon-caret-right 子供にとってどうなのか?

  連れて行く事が一番いいのか?

 

こうゆう事を一度考えてみて下さい。子供達に合った、それぞれの答えがあります。

 

そこを見極めてあげて下さいね。

 

では、長くなりましたが、最後までお読み頂き有難うございました!

 

お知らせ

メンタル心理カウンセラーturkeyの

カウンセリング

カウンセリング広告4

 

辛い毎日の克服方法を綴った

E-BOOKを無料でプレゼントします!

E-BOOK表紙